不動産の購入および賃貸は情報の収集が大事

模型

新たな生活で失敗しないために

新生活のスタートで、成否を分けるのが住まいです。自分が休む場所でもある住まいは、条件が良ければよいほど心が落ち着き、気分もリラックスできますが、逆に居心地が悪ければストレスのもととなります。不動産の購入や賃貸は決して安い買い物ではありません。できるだけ情報を集め、自分の新たな住まいとしてふさわしいかどうかを確認しましょう。

相談

まずは情報収集

引越し先選びで失敗しないためには、まず情報収集です。家賃や周囲の環境などによって、生活における負担は大きく左右されます。この場合、まずは不動産サイトで紹介されている物件を調べ、めぼしいものを控えておきましょう。そしてそこから自分が求めている条件に合致しているかを調べ、厳選していきます。この時除外した物件はひとまず控えておくと第2候補として活用できます。繁忙期は部屋があっという間に埋まるため、情報はたくさん集めておきましょう。

間取り図

早く、大量に

不動産選びで失敗しないコツは、引っ越すと決めたら早く物件探しをすることです。3月などの引越しシーズンになると、2月にはほとんど人気の物件が押さえられてしまいます。そうなってしまうと自分が「良い」と思った物件は他の人にとっても良い物件であるため、早い者勝ちで購入されてしまいます。引っ越しが決まったら即座に行動に移せるようにしましょう。

こういった条件は人気!おすすめの条件ベスト5

家
no.1

都心部へのアクセスが良い

都心部にアクセスしやすい物件は、非常に人気が高いです。移動がしやすく、買い物や遊び場にも苦労しないからです。その分家賃なども割高になりますが、外で活動することが多ければ多いほど都心へアクセスしやすい物件は値段以上のメリットが生まれやすいです。

no.2

駅が近い

駅が近いのは全国共通して人気が高い物件の条件です。近場から他県への移動までスムーズに行えるため、会社の出勤から出張までスムーズに行えるからです。また、駅の近くにはお店も多く、生活に不自由しないのも駅が近い物件のメリットの1つです。だいたい徒歩5分以内の物件は人気が高いため、できるだけ早めに押さえておきましょう。

no.3

コンビニ・ドラッグストアが近い

コンビニやドラッグストア、そしてスーパーマーケットなど買い物できる場所がすぐ近くにある物件も、安定して人気が高い物件です。普段の食事の買い物から日用雑貨まで一通り揃えることができるため、生活で不自由しにくいです。こういった情報は、物件を実際に見る時周囲にどんなお店があるかを確認する際、探すことができます。

no.4

周囲の環境が良い

物件そのものではなく、周囲の環境が良い物件も人気です。例えば騒音が少なく、日当たりも良いといった物件は静かで穏やかな休日を過ごすことができます。こういった閑静な住宅街は駅からもやや近いケースが有り、調べてみるといろいろな条件の物件が見つかりやすいです。また、周囲の衛生面もチェックしておきましょう。ゴミ捨て場などが近すぎると虫が湧きやすい可能性があります。

no.5

セキュリティ面の充実

これは一人暮らしの女性に人気が高い条件です。一人暮らしは何かと不安に感じることが多く、セキュリティ面が弱いと心配だと思う人は多いです。オートロックや監視カメラなど、セキュリティ面が充実している物件は、一人暮らしならば視野に入れても良いかもしれません。

おさえておくべきポイントを把握する

引っ越しで賃貸マンションやアパートに引っ越すのであれば、周囲の環境も大事ですが、部屋の設備などもきちんとチェックしておきましょう。マンションの設備がよく、周囲にお店が多くても、肝心の部屋の設備がいまいちだというケースもあるからです。よって、事前に注意しておくべきポイントを紙か何にかいておき、一つ一つ確認しましょう。

マンション・アパートでチェックしておくべき項目

  • どこにコンセントが有るか
  • キッチンの広さや水回りに何か不備はないか
  • 窓から日光が差しているか。また、日当たりは良いか
  • 家具のレイアウトを考えていた場合、自分の理想通りの配置ができるか
  • トイレと風呂は別々か

広告募集中