不動産売却は業者選びで数百万近い違いが出ることもある

不動産の売却は自分でやるより業者に頼むべし

不動産売却は、その気になれば個人で行うのも可能です。しかし、非常に時間がかかるため業者に一任したほうがスピーディーかつ不備なく行ってくれます。不動産売却を業者に依頼する時は、覚えておいた方が良いことが幾つかありますので、覚えておくべきことのトップ5を紹介します。

不動産売却をする時に覚えておくべきことトップ5

男女
no.1

複数の業者に依頼し、比較する

失敗しない業者選びとして最も大事なのは、一人の業者にだけ依頼しないことです。これはもはや大前提といっても過言ではありません。なぜなら、一社だけに絞ると買取額はその会社の意向で決まってしまうため、大幅に値段が下がってしまう可能性があるからです。また、その相場が高いか安いかもわからないため、安くふっかけられても気づかずに売却し、数百万近い損害が出ることもあるのです。よって、複数の業者に見てもらい、相場を知りましょう。

no.2

第三者のサービスを利用する

こちらは見落としている人が多いのですが、業者探しは知人の紹介ではなく第三者サービスに依頼をして探してもらったほうが良いです。なぜなら、知り合いの紹介などで薦められた場合、そこの業者としか取引をしなくなってしまうからです。そうならないためにも、一括査定などの第三者によるサービスを利用して業者を探しましょう。

no.3

地域密着の業者を探す

地域密着型の業者の方が、より詳しく査定してくれるので買取額が大きくアップする可能性が高いです。地域外からの場合は情報が少ないため、あまり査定にプラスになるようなことはないためかえって査定額が下がり、不動産売却においてはメリットが少ないのです。よって、大手よりもまずは地域の不動産業者に依頼しましょう。この時、実績のある不動産業者を探すのがポイントです。

no.4

大手不動産業者を探す

地域密着型の業者が見つからなかった場合は、大手不動産業者に依頼しましょう。大手ならではのサービスやアフターケア、そして宣伝力は、早めに物件を発見してくれやすくなるため、早期契約も難しくありません。

no.5

担当の人が頼れるかどうか

これは大手、地域密着ともに言えることですが、不動産売却の担当をしてくれる人が頼れるかどうかというのは、非常に重要です。不明な点をわかりやすく説明してくれたり、営業力のある人が担当だった場合、高価買取や早期契約も可能です。しかし、こればかりは運も関係するため、実際に業者にあってみなければわかりません。

不動産売却は業者選びで数百万近い違いが出ることもある

内見

悪徳業者に注意

不動産売却で注意したいのが、悪徳業者の存在です。悪徳業者の特徴としては、強引に契約の判子を押させようとしたり、色々理由をつけて安く買取しようとしたりする業者です。そういった業者に捕まった場合、数百万単位でやすくなってしまうこともありえます。そうならないためにも、複数の業者に相談し、査定額をチェックする必要があるのです。

一軒家

だまされないためには情報収集

不動産売却や購入というのは、基本的にそこまで行なうことはありません。なぜなら、大きな買い物であり、なかなかする機会がないからです。だからこそ、売買に不慣れな人は多く、悪徳業者に騙されてしまうのです。不動産は決して安い物ではなく、生きる上で重要な選択の1つです。よって、だまされないためにも情報を収集し、悪徳業者かどうかを自力で見分けましょう。

相談

基本的には信頼できるかどうかが大事

悪徳業者かそうでないかの見分け方で、根っこにあたるのが信頼できるかどうかです。会社そのものの実績や、業者の身なりや態度、その他評判など、インターネットが普及している今なら情報収集は容易であり、その気になれば1日もかからずそこの業者が信頼できるかどうかがわかります。失敗しないためにもインターネットをフルに活用し、会社を調べましょう。

悪徳業者はここで見分ける。信頼できるかどうかのチェック方法

模型

免許番号で実績を調べる

基本となるのが、その業者の実績です。これは実は免許番号で調べることが可能です。不動産業者は国土交通省から免許を得て、営業しています。そしてその免許は定期的に更新が必要であり、更新した回数は免許番号に括弧で記載されます。つまり、カッコ内の数字が多ければ多いほど、その会社は実績のある会社だと判断できるのです。

行政処分を受けているかどうか

過去に何らかの不正を行ない、行政処分を受けたかどうかは行政庁にて確認できます。そこでは情報が公開されているのでより詳しい情報を得ることができます。何も問題がなければ、より信頼できるという証拠です。

ネットの口コミを見る

意外と参考になるのが口コミ情報です。個人的な意見ばかりの口コミ情報ですが、まとめてみると統一された問題点や良い点が見つかるため、その業者の評価の指標になるのです。上2つが問題なければ、口コミ情報でチェックしてみましょう。より細かい情報が得られます。

ホームページから実績を見る

ホームページを熟読すれば、よりその業者の情報が得られます。どんな実績があり、どんな点を強みにしているかが解るからです。しかし、ネットにあまり力を入れていない業者の場合は得られる情報も少なめになるので注意しましょう。

従業員の態度

実際に営業の人と話すというのは良い情報収集となります。従業員の服装や話し方、接客態度は、会社の教育体制を知ることができるからです。優良企業であればあるほどこういった接客技術は勉強されているので会社の良し悪しを判断する材料になります。

広告募集中