不動産買取の際、少しでも高く売るためにはどうすればよいか

良い業者でも高価買取できないことがある

不動産買取の際に、いくら評判の良い業者を見つけたとしても、不動産の状態が悪かった場合、高価買取は期待できません。例えば人が住む場合、ボロボロの家ときれいな家だったら後者を選ぶはずです。それほどボロボロの物件とは魅力がなく、安くしなけれれば買い手も見つからないのです。

不動産買取の際、できるだけ注意したいポイントベスト3

内見
no.1

全体的な状態

外装から内装まで、できるだけ綺麗で傷が少ない状態が最も好ましいです。この条件が満たされていれば高価買取のチャンスは大きいです。しかし、いくら立地がよく、生活においては不自由しなくても、ボロボロだった場合は買取額は大きく下がります。なぜなら、今は大丈夫でも近いうちに建物に不備が出る可能性もあるからです。

no.2

設備に不備がないかどうか

水回りなど、家のライフラインとなる設備がきちんと動くかどうかは非常に大切です。例えば、キッチンの水道管がつまりやすかったり、風呂から水漏れがするなどの場合、売却前にリフォームをしなければ買取不可になる可能性もあります。

no.3

築年数

これはどうしようもありませんが、築年数が高ければ高いほど、それに反比例して価格も下がる可能性は高いです。よって、築年数が若い内に不動産買取をしたほうが安定した価格での取引が可能です。売ろうかどうか迷っているのであれば、早めに決断して売りに出したほうが高価買取が期待できます。

不動産買取の際、少しでも高く売るためにはどうすればよいか

一軒家

査定時の印象が大事

不動産買取で査定してもらう時は、できるだけ良い印象を持ってもらわなくてはなりません。この時良い印象を与えることで査定額が高くなり、業者の人も買い手探しに協力的になってくれるからです。やはりあまり売れる要素のない物件は業者側からも嫌われる傾向にあり、売買に関してもそこまで積極的に働いてくれない可能性があるのです。

男女

とにかく見た目を綺麗にするよう心がける

査定時の注意としては、できるだけ清潔な状態を心がけましょう。また、普段から壁に傷がつかないように気を使い、家の外壁などもひび割れがないかどうかをチェックしましょう。水道管周りも定期的にメンテナンスしておけば、不備が出にくく、万全の体制をキープできるので査定額は高くなりやすいです。

相談

訳あり物件の注意点

もし、不動産買取を考えている物件が、何らかのいわくつきであるいわゆる「訳あり物件」の場合、不動産の買取価格は著しく下がります。訳あり物件を売る時は、家の状態はもちろんのこと、業者選びも重要です。地域密着型の業者の場合、訳あり物件の売却を得意としている業者も見つかります。その地域の相場価格や顧客層を把握しているため、訳あり物件の売却成約率が高いのが理由です。よって、訳あり物件は地域密着型の業者に依頼しましょう。

一軒家

業者選びも大事

家の状態が良いのならば、不動産買取も高価買取が可能です。しかし、この時業者を適当に決めると、せっかくの不動産物件も安くなってしまうことがあります。失敗しないためには、複数の業者に見てもらい、買取額を比較してもらいましょう。複数の業者に買取額をみてもらうことで相場もわかり、高価買取をしてくれる業者も見つかりやすくなります。

広告募集中